公共の交通機関(バス・スカイトレイン・シーバス)

バンクーバーで乗れる公共の交通機関は3種類。
バス、スカイトレイン、それとシーバス。
シーバスなんてカッコイイ名前がついてますが、
要するに船ですね、船!!

スカイトレインも名前の通り普通に電車です。
一応分かりやすく情報を扱ってるところを見つけたので
crononetの交通機関を見てもらった方が良いと思います。
僕はこのZoneと言う仕組みが分かりにくくて駄目です。。。

僕なりの言葉で日本との違いや特長簡単に説明してみますが
まずバンクーバーはゾーン(区間)分けしてあります。
「そのゾーン内なら」90分は1Zoneチケットで乗り放題。
これはバスでもスカイトレインでもシーバスでも可能です。
ただし、そのゾーン内から隣のゾーンにまたぐ場合に2Zoneチケットが必要と言うことになります。

さらにまた隣のゾーンにまたぐならば3Zoneチケットが必要。
最初から隣のゾーンに行く予定ならば2Zoneチケット買っておけば良いですし、
途中からまたぐことになったら清算機みたいなもので1Zone分から2Zone分に変える。

また、平日午後6:30pmからと土、日、祝日は1Zone分でどこまでも行けます。

あとはFare saverって言う回数券。
これはセブンイレブンのようなコンビニでも買えます。

観光に来る人でも移動量によっては
必要になると思いますのでお勧めします。

日本の回数券と違う特徴としては10枚分の料金で11枚買える、
と言う仕組みではなく、10枚分が9枚の料金で買えるのが特徴です。

バスの場合は乗る時に入り口でチケットを機械に通す。
降りる時は窓際についてる紐を引っ張る。

ただし日本のバスのように次の停車はどこどこ、なんてことは言ってくれません。

僕の場合は次どこで停まるとか分からないので
行きたい「1個手前のブロック」で紐を引っ張ってました。

ちなみにバスの上についてるレールみたいなのは
どうやら電気を送るような仕組みらしく、あのバスは電気で動いてらしいです。

一度あのレールから外れたバスを見ましたが
どうやって直すかは見てませんでした、、、

さらにバスへ乗るためにチケットを機械に通す時、
最初に機械を通した時間から90分すぎてたり、
そのチケットが有効な場合じゃない時はブザーが鳴りますが、
最初の頃それがなんのブザーか分からなくて普通にどんどん乗り継いでました。。。

その時の経験から言うと、運転手によっては金を払えと言う人と何も言わない運転手がいたと思います。。。

スカイトレインはチケットを持ってない場合は駅で買います。
持ってる場合は特に改札口みたいなのは無いのでそのまま乗って大丈夫です。
シーバスは乗ったことありませんが話を聞く限りでは、
同じようにチケット売り場みたいなものがあるのと、
出発のカウントダウン表示があると言う特徴があるようです。

特にこれといった情報は無いですが例えばバスでもスカイトレインでも
1Zone内で降りるつもりが寝過ごして2Zoneに来た場合、 どうすればいいんでしょうね・・・
一応カナダに来てからバスや電車などの車内は日本のように居眠りする人は見たことないのですが、、、

僕はちゃんとお金払ってますがスカイトレインは改札口が無いので払ってない人もたくさんいると思います。

ただし、駅員みたいなのがたまにチェックしてるらしく、
チケット持ってない場合は多額の罰金を払わなきゃならないようなので
そう言うことが無いようにちゃんと払いましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる